2012年03月26日

二十四節気

 3月26日、三日月、月の出は午前7時過ぎ、午後2時過ぎに南中し、帰宅途中の8時には、西の空に、その姿をくっきりと見せている。入りは9時半頃。しかし厳密には今日は、旧暦3月5日。とすれば、三日月はもっと細い?
 さて、去年だったか、喜屋武岬付近で、日没後のわずかな時間を西の水平線で過ごす「三日月」に遭遇。巨大とも言える三日月はシュールな「まるで絵のような」風景であった。
 深夜に上る「三日月」は、三日月ではなく「二十七夜月」である。なんてことを、高校時代の「古文」を思い出しながら、旧暦・不定時法関係をひもといてみた。

 「お江戸日本橋」の「七つ立ち」は、日の出(「六つ」)より約2時間前。太陽暦・定時法では午前4時出発となり、冬の高輪では「六つ」になっても、まだまだ提灯は消せないが、陰暦・不定時法では、冬だろう、夏だろうと 「六つ」で夜が明ける。それにしても、この唄で、日本橋から高輪まで、所要2時間ということがわかるが、まぁ大名行列の行進時間はそんなものか。いずれにせよ、「サマータイム」などと称しているが、この不定時法も悪くはない。それに、月の満ち欠けで、月夜ならば時間も分かる。もっとも、新月前後は無理だし、南中高度が分かっていなければ、月の形と高さで不定時法ではあれ、時間を知る事など出来はしないが(風游子、こっそり訓練してます(苦笑))。
 不定時法なら、那覇・東京間の「時差?」(経度差約12度、時間にして約50分)は意味を持たない。東京から沖縄に降りた途端、8時近くなっても、未だ明るいというのも定時法のなせるワザか(笑)。

 さて、沖縄通いをするようになって、旧暦が気になり、「沖縄手帳」(旧暦満載)などを買い求めたりした。清新なイメージを抱かせたウチナーグチの季候語は「ミーニシ」に尽きるが、日常的な言葉として、耳に入ってきたシーミーとかスーマンボースーとかも、てっきり旧暦の謂いだと早合点していた。しかし、シーミー(清明)などの二十四節気は、紛れもなく太陽暦である。暦に、しっかり太陽暦も取り入れている。まぁ、そうしなければ、月の運行では「年」は計れず、季節のズレは大きくなるばかりであるが。だから「閏月」の導入で強引に一年を13ヶ月としてつじつまを合わせた。先人もなかなかやる。だから旧暦と言えども正式には「太陰太陽暦」と言ってもよい。毎日の生活は「月」で、毎年は太陽で計るのは、簡便とも言えよう。今年は閏年、3月が二回ある。

 二十四節気だが、まずはっきりと見極められる「二至二分」から始め、「冬至」と「春分」の間に「立春」、「春分」と「夏至」の間に「立夏」、以下、「立秋」「立冬」と「二至二分四立」を定めた。ほぼ12ヶ月周期から一年を決めたが、一ヶ月を半分にして季候の目安を二十四節気と設定。つまり「二至二分四立」の間に二つの「節」を入れ、月初を「節気」、月半を「中気」とし、「二十四節気」を作ったそうな。古代中国では冬至を年始としていたらしいが、戦国時代に、冬至と春分の中間を春の始め=「立春」として春夏秋冬を定めたという。「二至二分四立」も、その後に四季が冠せられたそうな。天文学・暦法の何と美しいことか。こうなると陰陽五行説にも食指が動く(笑)。
 先の「清明シーミー」はwikipediaによれば、“万物がすがすがしく明るく美しいころ。『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。”とのこと。今年は4月4日[旧暦3月14日]。「小満スーマン」は、「立夏」の後、太陽黄経が60度のときで5月21日ごろ[2012年の旧暦で4月1日]。wikipediaに“沖縄では、次の節気と合わせた小満芒種という語が梅雨の意味で使われる。”とある。ちなみに「五月雨さみだれ」は梅雨の雨であり、「五月晴れ」は梅雨の合い間の晴れの日の謂いとモノの本にはある。うーん、奥が深い。

posted by 風游 at 23:59| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

福井晴敏『小説・震災後』

 果たして、福井君に、あの震災が扱えるのか、と言う不安はあったが……
 数十頁で放棄した小説は、最近では『エクサバイト』が有名(笑)だが、設定の無理、と同様、「震災」を扱うのは無理があった。妙にリアリティ重視の「作風」ではあったが、破綻も際だった、というところか。パニック小説で言えば、小松左京と西村寿行が双璧(これまた笑)だが、人物設定も荒唐無稽だったら救われたろうが……。半村良が懐かしい……。

 と思っていたら、なんと、解説を、防衛大臣に就任して有頂天になった、あの「軍事オタク」が書いている。もう一気にめげましたね。言うに事欠いて「憲法前文」を「神話の最たるもの」と揶揄するに至っては、「よく見ろ石波、これが戦争だ」と半畳を入れたくなる。橋下もそうだが、劣化を通り越して、日本の政治は「幼稚」の極みに辿り着いてしまったのか。「二流官庁」の防衛省の「エリート」たちの愚劣さを見せつけられれば、なおさら、というところか。

 と言うことで、萎えてしまいましたね。残念ですが、福井晴敏、これまで!

posted by 風游 at 20:04| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。