2014年12月26日

堤真一・夏川結衣『孤高のメス』

 夏川結衣が助演女優賞(日本アカデミー賞ほか多数)を取ったということで、注目してました。
 どうやら『青い鳥』で彼女のファンになったのは正解でした。もちろん、『結婚できない男』でダメ押しでしたが。だから、安心して、中村看護婦役を堪能しましたが、ここでは、堤真一を褒めましょう。

 堤真一については、『姑獲鳥の夏』の京極堂や、『容疑者X』の犯人、『三丁目の夕日』の鈴木オートの社長など、どうもニンではない役が注目されすぎているので、良い役者だと思うがイマイチ感がぬぐい去れなかった。しかし、この当麻医師役は素晴らしかった。
 肩に力が入るでもなし、声高に理想を叫ぶでもなし。真面目な「ふつう」の、だが医師としての使命感に燃える敏腕の外科医という設定は、彼のためにあるようだった。都はるみネタも良かった。もちろん、類型的すぎるのは承知の上。絵に描いたような生瀬勝久や、平田満や松重豊がおいしい役で出ている。

 うーん、脳梗塞で病院をたらい回しで急逝するのも良しとしよう。彼女は名優として評価されるべきだろう(褒めすぎ?)。
 これは原作を読まない方がよいぐらい、映画の方が面白いと断言しよう。原作を読んでもいないのに!

 とすれば、原作は圧倒的に面白かった『ソロモンの偽証』も見なければなるまい。藤野邦子は所詮、脇の脇だが。
 はてさて、『夜がまた来る』は、どうか。石井隆の「名美」をどう裏切るか。根津甚八の「村木」はあたりだと思うが、「名美」の不潔感が夏川結衣によってどう料理されるか。楽しみである。

posted by 風游 at 23:10| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

橋本忍『砂の器』

 松本清張の『砂の器』は、野村芳太郎監督による映画化で、原作を遥かに超える「名作」「傑作」となった。というのが、永年の私の感想だった。しかし、しかしである。
 昨日(12/20)の朝日新聞be「映写室」には、脚本・橋本忍が、そのイメージを創り上げていたことが克明に書かれているではないか。
 乞食遍路での親子の放浪のシーンが、一気に感動を惹起したことを今でも鮮明に覚えている(それに比して、原作の持って回った、くどくどしい「トリック」など、一遍に吹っ飛びましたね)。

 橋本忍と言えば、言わずと知れた「黒澤(明)組」で、「羅生門」から「生きる」、さては「七人の侍」だけではない、あの「私は貝になりたい」の名脚本家ではないか。そうか、『砂の器』は野村芳太郎+橋本忍か、と感嘆していたら、なんと、脚本に山田洋次も加わっていた。

 橋本忍に戻れば、我が家にテレビが来た年が「私は貝になりたい」で、翌年が「いろはにほへと」で、子ども心にも「名作」であったという印象が残っている。「映画」はもっぱら、東映時代劇(まぁ、チャンバラ映画ですね、子ども向けの。そう中村錦之助です)でしたので、こんな社会派ドラマを「鑑賞」出来たのも、テレビの効用かも知れません。芸術祭参加作品などという「文部省推薦」みたいな「肩書き」もありました。前者はフランキー堺、後者が伊藤雄之助、演出は岡本愛彦。まぁ、ひねたガキであることには代わりはないが。

 ついでと言っては何ですが、清張『霧の旗』が堀北真希主演で先日放映されました。1965年に初めて?映画化されたときは、倍賞千恵子主演で、これまた、山田洋次監督・橋本忍脚本でした。これもはじめて知りました。驚きです。

posted by 風游 at 16:10| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

宮部みゆき『ソロモンの偽証』

 中学二年生の自殺?、それから派生したと思われる、同級生の事故死?、放火による別の同級生の祖母の死。そして不良グループの跋扈(中学生による強盗傷害致傷)、校内暴力、いじめなどのお膳立て。はてさて、とてもじゃないが、食指は進まない。
 1997年には世情を震撼させた、14歳の中学生による「神戸連続児童殺傷事件(いわゆる『酒鬼薔薇事件』)も起きており、「荒れる中学」なども背景にある。

 たが、中心は中学二年生である(物語の進展で三年生へ進級してから「本筋」へと至る)が、視点は章を追う毎に変化する。彼等の繊細な心象風景が、家族問題も含め「さすが、宮部みゆき!」と唸らせるほど、ページを繰る毎にくっきりと印象づけられる。
 「中学三年生を甘く見てはいけない」、である。

 白状するが、これを購読するキッカケは「映画化」である。そこで、この主人公が芸名も「藤野涼子」として絶賛されていた(ネット情報。まぁ、宣伝だから当然か?)のだが、母親役を夏川結衣が演じていたのを知った。もちろん、どの本屋でも平積みされていたのも大いに影響している。「平積み」と言えば「ぼんくら三部作」も然り!いゃーミーハーですね。購読動機が「平積み」と「夏川結衣」ですか。

 さて、三部作全6巻。読み応えあり!家に帰って続きを読むのが待ち遠しく、睡眠不足になりながら、読み耽っちゃいましたね。
 解き明かされる謎なんかは二の次三の次です。中学生たちの群像劇の面白さに感嘆!もちろん、大人たちの点描も過不足なく、藤野剛・涼子親娘も良かった(まぁ、こんなことは宮部みゆきなら自家薬籠中だろうけど)。「稀代の三人」なんて言いながら、一番、評価が低かったのが、宮部みゆきだったので、改めて、「脱帽!」と言い直しましょう。

 ただ、話の展開上やむを得ないとは言え、藤野涼子が後半になって後景化してしまう(決して精彩を欠いているわけではないが)のが、残念。そしてエピローグは、野田健一君に譲ってしまった。映画化にあたっては、この役は藤野涼子で決まり!と思っている(「レディージョーカー」の終章の「久保」の役回りが、TV化では「合田」になったように)。加えて、生徒に向かって「おちこぼれ」と罵る「楠山」がちゃんと「校長」になっているなど、こんなところも宮部節満開! 
 そして、

 「あの裁判が終わってから、僕らは・・・・・・友達になりました」


posted by 風游 at 19:20| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

京都去りがたし2 内裏−御所

 “「京都町歩き」は朱雀大路から”などとつぶやいていたが、やはりここは平安京−御所をまず概観しよう。

 大内裏は南北で言えば一条[現在の一条通。京都御苑・京都御所に分断されている路地]から二条[現在の二条通。これまた二条城で分断されている路地]、東西で言えば大宮大路[現在四条以北は二条城で分断された路地]から西大宮大路[路地のような御前通に取って代わられ、大路名消失]に囲まれた場所であった。東西約1.2Km、南北約1.4Km
 一方、内裏は下記↓の地図を見て貰えばわかるように、大内裏の中央東よりの紫宸殿を中心とする内邸部分で、南北約303m、東西約220mの広さ(まぁねおよそ2万坪ですか)。

 1227年(安貞元年)に宮城(大内裏)が焼失してからは内裏は再建されず、里内裏を転々とした。
 里内裏の「里」とは平安京の里坊のことで、「京内に置かれた内裏」という意味である。里とは嫁の実家ではない(笑)。しかし天皇退位後の在所とすることを主な目的として設けられた離宮である後院が仮皇居として用いられたが上皇在所として既に用いられている場合などには、天皇外戚の邸宅などが仮皇居となり、これを里内裏と称した。(とすると「嫁の実家」も当たらずと雖も遠からず、か)
 摂関期にはまだ平安宮内裏が本来の皇居であると認識されており、平安宮内裏が健在であるのに里内裏を皇居とする例はほとんど無かったが、院政期以降になると、平安宮内裏の有無に関わらず里内裏を皇居とする例が一般化したという。

 Wikipediaによれば斯くのごとし。794年(延暦13年=50桓武)平安京を定める。960年(天徳4年=62村上天皇)に内裏焼失、再建されるまで冷泉院を仮の皇居とした。976年(貞元元年=64円融天皇)に内裏が被災し、藤原兼通の邸宅である堀河殿を仮皇居とした。73堀河天皇(1086年11月26日- 1107年7月19日)京都御所となる土御門東洞院殿を即位前に御所としていたことが知られている。1167年(仁安2年=79六条天皇)から短期間、土御門東洞院殿を里内裏として用いる。1177年(安元3年=80高倉天皇)から短期間、土御門東洞院殿を里内裏として用いる。1227年(安貞元年=86後堀河天皇)に大内裏が焼失。内裏は再建されず、里内裏を転々とした。

 さて、内裏として定められた「里内裏」=土御門東洞院殿は、平安京左京北辺四坊二町に所在し(土御門北、東洞院東、正親町南、高倉西)、1町四方の元の屋敷?は権大納言藤原邦綱の邸宅で、その後六条天皇と高倉天皇の里内裏を経て後白河上皇の所有となり、紆余曲折を経て後深草天皇に譲られ、以後は持明院統の治天の君の御所として相伝された。
 元弘元年(1331年)、後醍醐天皇が都を脱出して笠置山に立て籠ると、光厳天皇は土御門東洞院殿を改めて里内裏とした。応永8年(1401年)の火災焼失の後、足利義満が土御門東洞院殿が狭小で「人臣の家」と大差が無いことを問題視して平安宮内裏を模した本格的な内裏の機能を持つ土御門東洞院里内裏を再建した。また安土桃山時代には織田信長と豊臣秀吉によっても整備が施され、関白秀吉によって、天正15年(1588年)までに土御門東洞院殿の陣中(大内裏の区域に見立てて「陣中」と称す)への公家衆屋敷地の総移転(公家町の形成)が実施され、現在の京都御苑の原型がほぼ形成された。さらに江戸時代には慶長(1613年)、寛永、承応、寛文、延宝、宝永(1709年)、寛政(1790年)、安政(1855年)と8回も再建されており、このうち慶長と寛永は旧殿を取り壊しての建て替え、それ以外は火災焼失による再建。以後明治2年(1869年)の東京遷都まで27代の天皇の御所となった。明治維新の東京行幸により、天皇が東京の皇居(旧江戸城)に移ったため、1877年(明治10年)保存され、京都皇宮とも称される、とある。
 現存の内裏は幕末の1855年(安政2年)に平安様式に倣って再建されたもので、安政内裏と呼ばれている。
 ちなみに南朝と呼ばれる事になる大覚寺統の天皇の御所は二条富小路内裏であった。

 さあ、これで朱雀大路に。

平安宮大内裏復元図
http://homepage1.nifty.com/heiankyo/heian/heian02.html
http://homepage1.nifty.com/shiun-sai/sub5_04.html

平安宮内裏復元図
http://homepage1.nifty.com/heiankyo/heian/heian01.html
posted by 風游 at 21:45| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。