2016年01月21日

京極夏彦『絡新婦の理』

 京極堂シリーズ(百鬼夜行シリーズというのが「公式」らしいが、『巷説百物語』も「又市シリーズ」の方が据わりは良くないか?)の第五弾である。
 推理小説の嫌いな友人は「あの、ノート執らなくちゃならない奴など読む気がしない」と言っていた。そう、お互い記憶力は頓に減退中。京極夏彦に嵌って久しいが、この『絡新婦の理』は、文字通りノートを執り、年表づくりまでしたくなる。「蜘蛛の仕掛け=理ことわり」が、何度読んでも鮮明な像が摑めない。

 若い友人は京極堂シリーズでは『鉄鼠の檻』を一押ししていたが、デビュー作の『姑獲鳥の夏』はともかく、『塗仏の宴』までは甲乙つけがたい。

 と言うことで『絡新婦の理』である。ラストシーンを冒頭に持ってきたから「犯人」の描写のミスリードぶりも許されるという京極夏彦の仕掛けであろう。そして章毎の視点が異なり、それに被せて時系列も錯綜している。たびたび、前の筋を振り返るが、それにも増して、次へ次へ読み進めたくなってしまう。後半の三巻、四巻はそれこそ、一気に読み耽ってしまった、三度も四度も読んでいるというのに。

 悔しいから、「伏線」というよりは、本線を進めるための、そしてミスリードを誘うために挿入された「エピソード」の絵解きをしよう。さあ、正誤や如何!

「第一章」これは解りやすい。川新と八千代だ。
「第二章」男は平野だ。女は? 始めは「茜」だと思ってしまった。そうか「葵」か、硝子細工の眼。まさか「一目惚れ」とは!
「第三章」女は「碧」、未発達の声帯。しかし男は杉浦だと解ったのは後の方だ。これは仕方ないと思うが如何かな。
「第四章」の女は芳江? とすると旦那様は雄之助。これも何度も読んでいたからだろう。このシーンを「茜」は何時、読み解いた? 否、読み解く必要はなかったのだ。
「第五章」男は喜市。女は果敢なげに吐息のような言葉を吐く、これこそ「茜」だ。

 どうでも良いことだが、大財閥総帥の柴田が海棠のような阿呆しか連れていないことがやや結構を外している。ただ第三巻・7章での柴田の「珍しい」激高は見過ごしていたが。

 京極堂シリーズ、否、京極夏彦の作品は、常連メンバーに準メンバーが加わって醸し出す「大舞台」もさることながら、前作の登場人物が後の作品に登場する仕掛けが、まぁ読者サービスなのだろうが、「大舞台」が「廻り舞台」のようで心地よい。『姑獲鳥の夏』での久遠寺医師や話の重要な鍵を握っていた菅野医師(もっとも、本人そのものは登場していない)が、『鉄鼠の檻』で「再登場」。同じ『姑獲鳥の夏』で「呪」をかけられた内藤も、そして『絡新婦の理』でただ一人生き残った織作茜も、『塗仏の宴』できちんと?オトシマエがつけられてしまった。

posted by 風游 at 19:04| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

『オリエント急行殺人事件』

 11日が『オリエント急行殺人事件』で、12日が『ナイル殺人事件』である。
 去年の正月、三谷幸喜版(二夜連続で、第一夜が原作の前半のリメイクで、第2夜は三谷オリジナルの前日談と原作の後半=謎解き)を観て無性にシドニー・ルメット監督のオリジナル版を観たくなった。それに、初見の時は、豪華キャストのあれこれに目を奪われ、イングリッド・バーグマンを「見失った」! バーグマンファンとしては面目次第もない! その他大勢の一人(まぁ、豪華キャストですから、ショーン・コネリーだってその他大勢)として、埋もれてしまうほどの「名演技」なのです! だからこそアカデミー助演女優賞を授賞していたと言うではないか! 

 若い友人と一緒に鑑賞していたのだが、マザコン気味のアンソニー・パーキンスを指して「どうも、『サイコ』のイメージが強すぎて、俳優としては損だなあ」と、つぶやいていた。それを聞いていて唐突に思いだした。そうだ、ヘクターが、最後の脅迫状(最終通告状?)を不用意にも焼き棄てたことが引っかかっていたが、三谷も同様だったのだろうか、馬場舞子に幕内平太(ヘクター・マックイーン)を叱責させていた。
 もう一つ、ラチェット・ロバーツ(被害者であり、極悪人)役のリチャード・ウィドマークを、60年代テレビ映画で人気を博した『秘密指令』のNATO秘密諜報員ジョン・ドレイク役のパトリック・マッグーハンと取り違え、如何に『秘密指令』(その次の『プリズナーbU』も)が面白かったのかを力説してしまった(汗)ので、まあ恥ずかしい失態であったわけだが。件の友人は、リチャード・ウィドマークそのものを知らなかった(苦笑)。

 本作に戻れば書きたいことは山ほどあるが、とりあえずルメット版と→三谷版の配役一覧を。

●ジーノ・フォスカレッリ(デニス・クイリー)【原作アントニオ・フォスカレッリ】
 →1号室 保土田民雄(藤本隆宏)
●エドワード・ベドウズ(ジョン・ギールグッド)【原作:エドワード・ヘンリー・マスターマン】
 →1号室 益田悦夫(小林隆)
●ヘクター・マックイーン(アンソニー・パーキンス)
 →2号室 幕内平太(二宮和也)
●ヒルデガルド・シュミット(レイチェル・ロバーツ)
 →3号室 昼出川澄子(青木さやか)
●メアリー・デベナム(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)
 →4号室 馬場舞子(演 - 松嶋菜々子)
●グレタ・オルソン(イングリッド・バーグマン)
 →4号室 呉田その子(八木亜希子)
●アーバスノット大佐(ショーン・コネリー)
 →5号室 能登巌(沢村一樹)
○エルキュール・ポアロ(アルバート・フィニー)
 →6号室 勝呂武尊(野村萬斎)
○ラチェット・ロバーツ(リチャード・ウィドマーク)
 →7号室 藤堂修【「笠健」こと笠原健三】(佐藤浩市)
●ハリエット・ベリンダ・ハッバード夫人(ローレン・バコール)
 →8号室 羽鳥夫人【名は典子】(富司純子)
●ルドルフ・アンドレニイ伯爵(マイケル・ヨーク)
 →9号室 安藤伯爵(玉木宏)
●エレナ・アンドレニイ伯爵夫人(ジャクリーン・ビセット)
 →10号室 安藤伯爵夫人(杏)
●ナタリア・ドラゴミノフ公爵夫人(ウェンディ・ヒラー)
 →11号室 轟侯爵夫人【名はナツ】(草笛光子)
●サイラス・“ディック”・ハードマン(コリン・ブレイクリー)
 →12号室 羽佐間才助(池松壮亮)
●ピエール・ミシェル車掌(ジャン=ピエール・カッセル)
 →三木武一(西田敏行)
○コンスタンティン医師(ジョージ・クールリス)
 →須田(笹野高史)
○ビアンキ(マーティン・バルサム)【原作:ブーク】
 →莫(高橋克実)

posted by 風游 at 19:39| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。