2012年12月21日

ドナ・リード『素晴らしき哉、人生!』

 もはやハリウッドのクリスマス映画としては定番ともなったもの。なぜかまた見てしまいましたね。何十年ぶりでしょう。とは言え、ここに書き込むのは、映画としても「佳作」ではあるが、何を隠そう「ドナ・リード」についてです。というよりも、「あれ?バーグマン?」って第一印象で思ってしまったのですよ。
 これといって彼女の見せ場があるわけではないのですが、見入ってしまいましたね。正統派女優ですかね。バーグマンより5〜6歳年下です。

 wiki-pediaによれば“『地上より永遠に』(1953年)でアカデミー助演女優賞を受賞……ベトナム戦争に際しては、反戦運動を行った”とあります。
 『素晴らしき哉、人生!』は、アメリカ映画協会「アメリカ映画ベスト100」では11位にランクインしていますが、彼女は1999年6月に発表した「女優ベスト25」の中には残念ですがありません

 映画そのものに戻れば、これも一種の「アメリカンドリーム」なのでしょうかね。ちなみに先のアメリカ映画協会が選ぶ「感動の映画ベスト100」では堂々の1位でした。
posted by 風游 at 15:29| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。