2014年11月22日

日劇《青鳥》/夏川結衣

 ユーチューブでとんでもないものを見つけてしまいました。「青い鳥」です。
 日?[劇=居に立刀という簡体字]《青?[鳥=これまた簡体字]》ですから、大陸系ですかね。
 http://www.youtube.com/watch?v=ZABQrnwVSVs

 このblogで「告白(笑)」したように、永島暎子に次いで、夏川結衣の「隠れファン」を自認していますが、彼女をはじめて知ったのが、この「青い鳥」(1997年、日テレ系で放映)でした。
 ついでと言っては何ですが、この時、永作博美も知りました。まぁ、余り売れなかったアイドルグループぐらいの知識しかありませんでしたが、独特の存在感を醸し出す、女優として再認識しました。そして、「不幸を身にまとっている永島暎子」に似ているなどと、ほざいています、2011年04月29日のブログ「8日目の蝉」では。

 夏川結衣の方は、全くの所見でしたが、ちょっと見た瞬間から、グーと惹きつけられましたね。
 でも、その後、結構売れっ子となり、「姉御肌で明るい性格」とか「横綱級の酒豪」などと言われているようですが、私にとっては今でも、前述したように「不幸が服着て歩いている」永島暎子の後継者です。
 もっとも、1992年のフジの『愛という名のもとに』(主演は鈴木保奈美、唐沢寿明)がデビュー作?。そして「青い鳥」の後には「死国」の明神比奈子役だそうです。さすが日浦莎代里役は栗山千明に譲っています。ちなみに永島暎子は「悪魔の手毬唄」とか「湯殿山麓呪い村」に出演しています。

 永作の方は、「八日目の蝉」ですが、なんと鈴木杏が2011年に公開された中上健次の『軽蔑』の主役を務めています。
 うーん、「青い鳥」にはまったのも、むべなるかな(笑)。
posted by 風游 at 18:57| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いゃー、二晩で全11話視聴完了!
 多分、初見の時は全部見ていなかったのでしょうか、それとも「かほり」への思い入れが強すぎたのでしょうか。ただ、11話が最終回で、「南の島」での後日談は、その後付け加えられた「完結編」とは知りませんでした。
 「しおり」については、もちろん鈴木杏の印象が強くて、山田麻衣子(当時は名前すら興味ありませんでした)についてはほとんど覚えていません。もっとも当時、第8、9話という成長したしおり誌織の新しい物語を見てはいなかったようです。これも夏川結衣が死んでしまったから急速に興味を失った?からかも知れません。南の島でのハッピーエンドに何かしらの唐突感も覚えました。山田麻衣子については、その後、夏川結衣、永作博美ほどのブレイクもなかったから仕方ないのかも知れません。
 今回全部見て、私の好みとはいえ、「大ヒット作」であると、改めて感じた次第です。
 蛇足:完結編をちゃんと見たい!

http://www.youtube.com/watch?v=UvWxM4Ya9_k

Posted by 風游 at 2014年11月24日 14:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。