2014年11月29日

日本の夜と霧

 今日(11月29日)の朝日beは「日本の夜と霧」(大島渚監督、1960年、松竹)でした。言わずと知れた「日本のヌーベルバーク映画」です。
 この欄で取りあげる作品の選択基準は、いったいどのようになっているのか、ふと、そんなことを思いました。

 大学に入ってすぐの「新入生歓迎会」の映画会が、この「日本の夜と霧」。
 ナチのホロコーストの「夜と霧」が頭の片隅にありましたから、
 「いゃだなあ、暗い映画は……」と思っていたら、全然違うではありませんか。

 「なんじゃ、これは! 言うところのトロツキストの映画か?」というのが第一印象でしたね。
 スターリン主義なども知らずに、パルタイ関係の末席にいたので、なかなか衝撃的でした。プロパガンダ映画ではなく、普通の商業映画にもかかわらず、こんなに直裁な政治映画など初体験の身にはなおさらです。
 最後のシーンではないかと思いますが、エンドマークに被さるように、パルタイ関係者の長演説が続きます。もちろん、誰も聞いていない、空しい長演説です。しかし、隣に座った友人(彼はブントに憧れていましたね)が、否定も肯定もせず「パルタイは揺るぎないことを表現している」とつぶやいたのが、印象的でした。

 朝日beは「この映画から学ぶことは多かったにもかかわらず、10年後、学生たちはもっと致命的な失敗を犯すことになる」など、と訳知り顔に締めくくっています。大島渚が京大生で京都府学連委員長を務めていたので、多分、連合赤軍などを指しているのかも知れませんが、件の新歓の主催者は自治会執行部を掌握していた革共同中核派でした。

 ちなみに、「トロツキスト学生」役が津川雅彦でした。今や「在特会」並の安倍応援団の一員で、嬉々として東條英機役を演じていますが、当時は日活から松竹に移籍してた「スター」?でしたか。
posted by 風游 at 12:06| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。