2014年12月26日

堤真一・夏川結衣『孤高のメス』

 夏川結衣が助演女優賞(日本アカデミー賞ほか多数)を取ったということで、注目してました。
 どうやら『青い鳥』で彼女のファンになったのは正解でした。もちろん、『結婚できない男』でダメ押しでしたが。だから、安心して、中村看護婦役を堪能しましたが、ここでは、堤真一を褒めましょう。

 堤真一については、『姑獲鳥の夏』の京極堂や、『容疑者X』の犯人、『三丁目の夕日』の鈴木オートの社長など、どうもニンではない役が注目されすぎているので、良い役者だと思うがイマイチ感がぬぐい去れなかった。しかし、この当麻医師役は素晴らしかった。
 肩に力が入るでもなし、声高に理想を叫ぶでもなし。真面目な「ふつう」の、だが医師としての使命感に燃える敏腕の外科医という設定は、彼のためにあるようだった。都はるみネタも良かった。もちろん、類型的すぎるのは承知の上。絵に描いたような生瀬勝久や、平田満や松重豊がおいしい役で出ている。

 うーん、脳梗塞で病院をたらい回しで急逝するのも良しとしよう。彼女は名優として評価されるべきだろう(褒めすぎ?)。
 これは原作を読まない方がよいぐらい、映画の方が面白いと断言しよう。原作を読んでもいないのに!

 とすれば、原作は圧倒的に面白かった『ソロモンの偽証』も見なければなるまい。藤野邦子は所詮、脇の脇だが。
 はてさて、『夜がまた来る』は、どうか。石井隆の「名美」をどう裏切るか。根津甚八の「村木」はあたりだと思うが、「名美」の不潔感が夏川結衣によってどう料理されるか。楽しみである。

posted by 風游 at 23:10| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。