2015年02月07日

有川浩『三匹のおっさん ふたたび』

 やや立派すぎるがキヨ=北大路欣也に、シゲ=泉谷しげる、ノリ=志賀廣太郎と配役の妙は、そこそこヒットするだろうと思っていました。そして続編『ふたたび』で第二弾が放映されるようです。4月スタート。風游子は「文庫専門」なので、やっと購入!

 読みやすさが身上ですが、もちろんそれだけではないことは重々承知。なにしろ「自衛隊3部作」がスタートです。残念ながら「空飛ぶ広報室」はパス、榮倉奈々主演の「図書館戦争」もパスという次第ですが、この「おっさんシリーズ」は、文庫化が待たれていましたね。

 そしたらなんとbonus trackとして「好きだよと言えずに初恋は、」が収録されていました。小学六年生の「初恋物語」です。
 ストリーテラーとしては、宮部みゆきの後継者でしょうか。
 おまけに「川端康成」を捉まえて「いじましい」と一刀両断!胸のすくこと間違いなし、というところです。

 キヨ役の北大路欣也が解説を書いています。番宣とは言え、有川浩をハチキン「坂本乙女」に擬しているではありませんか。

 ついでに、第五話から。
 孫と遊ぶ父を見て、「自分もかつてそんなふうに慈しまれていたことが改めて思い返される」とのフレーズに、思わず頁を繰る手が止まりました。何故って、うちの嫁(笑)が、息子がそんなことを言っていたと教えてくれたばかりでしたから・・・・・
 ただ、その前の第四話での「息子に褒め言葉を出し惜しみするのは世の父親の常である」には、「有川さんよ、それはちょっと違うよ」と半畳を入れたくなりました。私は手放しで息子を褒め称えることに、手ぐすね引いて待ってます。もちろん、仲々、そんな機会がありませんが(笑)・・・・・

 ということで、今回も節度の効いた「三匹」の活躍を楽しませて貰いました。

posted by 風游 at 09:43| 沖縄 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。