2015年03月10日

八重洋一郎詩集『沖縄料理考』

 発行所は上間常道さんの出版舎Mugen。
 詩はわからん。詩人も苦手。一行抜き書きなどしたら詩人は激怒するか?

   チラガー
     人間の面皮チラガーはおよそ食べられない

   花酒
     一口舐めればピリリッピリリッ全身つらぬく液体剣

   百雨
     註 アミヌミヤー 与那国方言で虹のこと 雨を飲むものの意

   霞
     わが生涯 最高のあこがれ
     かすみを食っていきること そして

   平和
     彼らは平和は食べられるかといつも言う
     そして いつも平和を食べているのだ




posted by 風游 at 23:04| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。