2015年03月28日

菅原文太「本来の反知性主義」

 朝日20150326高橋源一郎の「論壇時評」。
 菅原文太である。鮮烈な「仲井真さん、弾丸は後一発残ってるでよ」というセリフを残して逝った男である。新宿のオールナイトで「仁義なき戦い」全四作をぶっ続けで見た。高倉健と比べるとその「認知度」は、はるかに低い。しかし文太である。高橋は「本来の反知性主義」という言葉と絡めて菅原文太を称揚した。タイトルは<健全な「まだ知らない」>である。
 なぜ、この高橋源一郎の文太評がこれほどまでに深く私がこだわったのかと言えば、先年亡くなった「畏友」について、勃然と思い出したからである。

 娘の大学選びに奔走していた彼を、私は揶揄してしまった。そう、「娘」の、「大学」「選び」にそんなにも拘泥する彼が、何故か不思議だった。しかし、彼からは「俺は反知性主義ではない!」と、唾棄するが如く吐かれた反論が返ってきた。

 私は彼を尊敬している、否、あれほどの卓越した「存在」(知性だけではない、その行動力も含め、適当な言葉が見あたらないが「彼に心酔した」)を私は知らない。数十年にわたって濃密な人間関係を創り上げてきたが、だが、その時彼に微かな「違和感」を抱かなかったと言えばウソになる。「知性」なるものの話題とは一切無縁と思われる現総理大臣が登場する以前の話だったが。

 そう、彼は「反知性主義」ではなかったが、しかし「本来の反知性主義」でもなかったのではないか、との疑念が頭をよぎった。
 彼と、「菅原文太」について語り合いたかった。もちろん、「知性主義」者の彼は「仁義なき戦い」などは見ていなかったろうが・・・・・・。



posted by 風游 at 01:28| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。