2015年03月28日

菅原文太「本来の反知性主義」

 朝日20150326高橋源一郎の「論壇時評」。
 菅原文太である。鮮烈な「仲井真さん、弾丸は後一発残ってるでよ」というセリフを残して逝った男である。新宿のオールナイトで「仁義なき戦い」全四作をぶっ続けで見た。高倉健と比べるとその「認知度」は、はるかに低い。しかし文太である。高橋は「本来の反知性主義」という言葉と絡めて菅原文太を称揚した。タイトルは<健全な「まだ知らない」>である。
 なぜ、この高橋源一郎の文太評がこれほどまでに深く私がこだわったのかと言えば、先年亡くなった「畏友」について、勃然と思い出したからである。

 娘の大学選びに奔走していた彼を、私は揶揄してしまった。そう、「娘」の、「大学」「選び」にそんなにも拘泥する彼が、何故か不思議だった。しかし、彼からは「俺は反知性主義ではない!」と、唾棄するが如く吐かれた反論が返ってきた。

 私は彼を尊敬している、否、あれほどの卓越した「存在」(知性だけではない、その行動力も含め、適当な言葉が見あたらないが「彼に心酔した」)を私は知らない。数十年にわたって濃密な人間関係を創り上げてきたが、だが、その時彼に微かな「違和感」を抱かなかったと言えばウソになる。「知性」なるものの話題とは一切無縁と思われる現総理大臣が登場する以前の話だったが。

 そう、彼は「反知性主義」ではなかったが、しかし「本来の反知性主義」でもなかったのではないか、との疑念が頭をよぎった。
 彼と、「菅原文太」について語り合いたかった。もちろん、「知性主義」者の彼は「仁義なき戦い」などは見ていなかったろうが・・・・・・。



posted by 風游 at 01:28| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

日劇《青鳥》/夏川結衣

 ユーチューブでとんでもないものを見つけてしまいました。「青い鳥」です。
 日?[劇=居に立刀という簡体字]《青?[鳥=これまた簡体字]》ですから、大陸系ですかね。
 http://www.youtube.com/watch?v=ZABQrnwVSVs

 このblogで「告白(笑)」したように、永島暎子に次いで、夏川結衣の「隠れファン」を自認していますが、彼女をはじめて知ったのが、この「青い鳥」(1997年、日テレ系で放映)でした。
 ついでと言っては何ですが、この時、永作博美も知りました。まぁ、余り売れなかったアイドルグループぐらいの知識しかありませんでしたが、独特の存在感を醸し出す、女優として再認識しました。そして、「不幸を身にまとっている永島暎子」に似ているなどと、ほざいています、2011年04月29日のブログ「8日目の蝉」では。

 夏川結衣の方は、全くの所見でしたが、ちょっと見た瞬間から、グーと惹きつけられましたね。
 でも、その後、結構売れっ子となり、「姉御肌で明るい性格」とか「横綱級の酒豪」などと言われているようですが、私にとっては今でも、前述したように「不幸が服着て歩いている」永島暎子の後継者です。
 もっとも、1992年のフジの『愛という名のもとに』(主演は鈴木保奈美、唐沢寿明)がデビュー作?。そして「青い鳥」の後には「死国」の明神比奈子役だそうです。さすが日浦莎代里役は栗山千明に譲っています。ちなみに永島暎子は「悪魔の手毬唄」とか「湯殿山麓呪い村」に出演しています。

 永作の方は、「八日目の蝉」ですが、なんと鈴木杏が2011年に公開された中上健次の『軽蔑』の主役を務めています。
 うーん、「青い鳥」にはまったのも、むべなるかな(笑)。
posted by 風游 at 18:57| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

二十四節気

 3月26日、三日月、月の出は午前7時過ぎ、午後2時過ぎに南中し、帰宅途中の8時には、西の空に、その姿をくっきりと見せている。入りは9時半頃。しかし厳密には今日は、旧暦3月5日。とすれば、三日月はもっと細い?
 さて、去年だったか、喜屋武岬付近で、日没後のわずかな時間を西の水平線で過ごす「三日月」に遭遇。巨大とも言える三日月はシュールな「まるで絵のような」風景であった。
 深夜に上る「三日月」は、三日月ではなく「二十七夜月」である。なんてことを、高校時代の「古文」を思い出しながら、旧暦・不定時法関係をひもといてみた。

 「お江戸日本橋」の「七つ立ち」は、日の出(「六つ」)より約2時間前。太陽暦・定時法では午前4時出発となり、冬の高輪では「六つ」になっても、まだまだ提灯は消せないが、陰暦・不定時法では、冬だろう、夏だろうと 「六つ」で夜が明ける。それにしても、この唄で、日本橋から高輪まで、所要2時間ということがわかるが、まぁ大名行列の行進時間はそんなものか。いずれにせよ、「サマータイム」などと称しているが、この不定時法も悪くはない。それに、月の満ち欠けで、月夜ならば時間も分かる。もっとも、新月前後は無理だし、南中高度が分かっていなければ、月の形と高さで不定時法ではあれ、時間を知る事など出来はしないが(風游子、こっそり訓練してます(苦笑))。
 不定時法なら、那覇・東京間の「時差?」(経度差約12度、時間にして約50分)は意味を持たない。東京から沖縄に降りた途端、8時近くなっても、未だ明るいというのも定時法のなせるワザか(笑)。

 さて、沖縄通いをするようになって、旧暦が気になり、「沖縄手帳」(旧暦満載)などを買い求めたりした。清新なイメージを抱かせたウチナーグチの季候語は「ミーニシ」に尽きるが、日常的な言葉として、耳に入ってきたシーミーとかスーマンボースーとかも、てっきり旧暦の謂いだと早合点していた。しかし、シーミー(清明)などの二十四節気は、紛れもなく太陽暦である。暦に、しっかり太陽暦も取り入れている。まぁ、そうしなければ、月の運行では「年」は計れず、季節のズレは大きくなるばかりであるが。だから「閏月」の導入で強引に一年を13ヶ月としてつじつまを合わせた。先人もなかなかやる。だから旧暦と言えども正式には「太陰太陽暦」と言ってもよい。毎日の生活は「月」で、毎年は太陽で計るのは、簡便とも言えよう。今年は閏年、3月が二回ある。

 二十四節気だが、まずはっきりと見極められる「二至二分」から始め、「冬至」と「春分」の間に「立春」、「春分」と「夏至」の間に「立夏」、以下、「立秋」「立冬」と「二至二分四立」を定めた。ほぼ12ヶ月周期から一年を決めたが、一ヶ月を半分にして季候の目安を二十四節気と設定。つまり「二至二分四立」の間に二つの「節」を入れ、月初を「節気」、月半を「中気」とし、「二十四節気」を作ったそうな。古代中国では冬至を年始としていたらしいが、戦国時代に、冬至と春分の中間を春の始め=「立春」として春夏秋冬を定めたという。「二至二分四立」も、その後に四季が冠せられたそうな。天文学・暦法の何と美しいことか。こうなると陰陽五行説にも食指が動く(笑)。
 先の「清明シーミー」はwikipediaによれば、“万物がすがすがしく明るく美しいころ。『暦便覧』には「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されている。”とのこと。今年は4月4日[旧暦3月14日]。「小満スーマン」は、「立夏」の後、太陽黄経が60度のときで5月21日ごろ[2012年の旧暦で4月1日]。wikipediaに“沖縄では、次の節気と合わせた小満芒種という語が梅雨の意味で使われる。”とある。ちなみに「五月雨さみだれ」は梅雨の雨であり、「五月晴れ」は梅雨の合い間の晴れの日の謂いとモノの本にはある。うーん、奥が深い。

posted by 風游 at 23:59| 沖縄 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

山田風太郎『人間最終図巻』読了

 コメントとして書き連ねていたが、年も改まったことでもあるし、……

 戸内某所で「下巻」読了、解説は故平岡正明。
 「73歳で死んだ人」から始まる「下巻」は、やはり、もうどうでもいいと思わせた。
(ちなみに、どういうわけか、今、この『人間最終図巻』が4巻本として、書店に平積みになっている。)
 例によって5頁を越えた人物を列記すると、藤原義江(78歳)、谷崎潤一郎(79歳)、正宗白鳥(83歳)か。なんと、カントが5頁弱。

 風游子、永年の萬屋錦之介のファンですが、伊藤大輔(83歳、2頁弱)の項で、晩年の悲惨な困窮生活を経済的にも精神的にも支えたのが、錦之介であった、という一文が眼についた。風太郎は「伊藤大輔が死んだ直後、萬屋錦之介プロは倒産し、錦之介は筋無力症になった。あやういところであった。」と締める。錦之介は1997年に64歳で没。本書収録には間に合わなかった。
 BSプレミアムは錦之介特集として、瞼の母、関の弥太っぺ、反逆児を放映したが、残念ながら観ることがかなわなかった。本来なら、反逆児ではなく、沓掛時次郎ではないか、ラインナップを見ながらつぶやいたものですが。

 話を元に戻すと、「臨終図巻」と銘打っている割には、「臨終」の場面以外に頁を割いている人物も多々見られるし、小伝的な紹介もある。それ故、ページ数の多寡は、その中身の分析まで必要か(笑)。もっとも、延々と臨終−つまり最後的闘病生活などの記述とその終焉−を書き連ねてある場合も少なくない。
 こんな本が(失礼!)、版を重ねただけでなく、改装新版として本屋で平積みされていることの方が、やや驚き。
posted by 風游 at 13:55| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

阿久悠「北の宿から」

やっぱり書いておきたいという誘惑には勝てませんでした。
都はるみの、ではなく、作詞:阿久悠の「北の宿から」です。

リリースされて、都はるみファンとしては、「うーん、阿久悠が作詞したのか」と
いわゆる演歌シーンをずらした作品に、こりゃあヒットするぞ、と思いました。
それは、「女ごころの未練でしょう」の箇所です。
きっぱりと言い切る潔さに、新しい「都はるみ」を感じました。
でも、だれも同意してくれません(泣)
もっとも、なんだこいつ、演歌の歌詞なんぞに入れ込んで…というところでしようか。

しかしどう考えても「女ごころの未練でしょうか」という縋り付くのが演歌の大道ですから
この「女ごころの未練でしょう」という断定は、歴史的な偉業です(もちろん大げさですが)

その後、この話題は封印(笑)してました。
イレブンPMだったでしようか、上岡龍太郎が立川談志をゲストにした番組でこの話題を振ったのです。
なんと、上岡龍太郎は私と同じ意見でした。が、その中で
「カラオケでは、『女ごころの未練でしょうか』と歌ってしまうそうです」と水を向けると
件の談志師匠、「そりゃ、歌詞が悪いんだ、替えちまえ」と宣ったのです。
この時も、落語以外は、この男にしゃべらせてはダメだ!と心底、思いました。
さすが、上岡龍太郎。すぐに他の話題に切り替え、もう二度と「北の宿から」には触れませんでしたけどね。

そうか、俺と上岡龍太郎だけか、淡谷のり子も悪態ついていたし……と、まぁ、こんな次第。

ところが、なんと朝日新聞が10月22日付「be」(うたの旅人)で、作曲の小林亜星の言葉を借り
「普通の作詞家なら、ここは絶対に『未練でしょうか』という問いかけになります。でもこの女性は違いました。誰かに答えを求めるのではなく、自分自身を客観的に見て『未練でしょう』と突き放しています。」と語らせていました。

しかし、朝日のタイトルは「誤解から生まれたヒット」でした。これじゃあ、ぶちこわしだ!
まぁ、何十年経っても、こんなもんでしょうかね。
posted by 風游 at 21:31| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

山田風太郎『人間臨終図鑑』

 私も歳なのか、「われわれは、死の準備に対して準備する」という荒俣宏監修の『知識人99人の死に方』をふと手に取ってしまった。「60歳まで生かしてくれ」という寺山修司(享年47歳)はともかく、深沢七郎(享年73歳)の「この世の中には恐ろしい病気があるねえ。それは“死ねない”という病気だよ」なんていう、どこまでも人を喰ったご託もある。とくれば、山田風太郎『人間臨終図鑑』にも食指が動く、というもの。
 戸内某所で、数頁、いや数行づつ読み連ねてやっと「上巻」終わり。
 一番最初が、15歳で死んだ、いや火あぶりの刑になったから「殺された」とした方がいいかも知れないが、「八百屋お七」で、次が大石主税、そして16歳で死んだアンネと続く。ほぼ1頁程度と思っていたら、太宰治は5頁以上を費やしている。自殺常習者とは言え、上巻で5頁も費やしているのは彼一人である。ちなみに4頁以上は、啄木、ジョン・レノン、漱石と、かの大久保清である。はてさて風太郎さんの筆の運びはいかなる基準か。ちなみに、お七が9行で短いと思っていたら、十兵衛、謙信ともに4行という最小記録。「貸借法すべて清算カリ自殺、というふざけた遺書を残し」た山崎光嗣でさえ5行である。
 20代で死んだ人々へ風太郎は「死をはじめて想う。それを青春という」という献辞を捧げたと思ったら、30歳で死んだ人々へは「神は人間を、賢愚において不平等に生み、善悪において不公平に殺す」だってさ。30歳では、義仲、義経、多喜二、中也ときて、管野スガが死んでいる。
posted by 風游 at 22:48| 沖縄 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

アクセス出来ました

とりあえず、某県立図書館からアクセス出来ました。
(まぁ当然か!)

posted by 風游 at 10:31| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

エンタメ系はやめませんが、伊波勝利を!

このブログも放置されっぱなしです。
どうもエンタメ系も長続きせず(泣)……

風游サイトの「EMIGRANT」をこちらに引っ越すかどうか、
真剣に、悩んでいます(笑)。

巷では、Twitterなるものが、大流行の由。
もっとも、アナログ型人間を自認している風游子としては、
サイト構築すらおぼつかず、読ませる工夫など皆無の情況です。

ただ、風游サイトの掲示板が荒らされ、サイト本体も荒らされ、
やっとこそ、今年、再建したばかりですが、再建した途端、
名護市長選の大勝利から、沖縄の自立解放のうねりは
画時代的な流れとなって、11月県知事選挙へと連なろうとしています。

少なくとも「やや」「双方向」としてのブログ(また、荒らされるかもしれませんが)を
活用してみてはどうか、思案投げ首の今日この頃です。






posted by 風游 at 00:06| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

堺雅人

この頃、メジャーになってしまったような堺雅人。
「ゴールデンスランバー」は観に行きたい、と、騒いでいたら
伊坂幸太郎の「グラスホッパー」を貸してくれました。

伊坂幸太郎話題はまた次の機会に、今日は堺雅人です。

私は「新撰組」の山南敬介には、はまりました。
かつて、俺は鈴木保奈美が好きなんじゃない、赤名リカが好きなんだ、
といった人がいましたが、若干それに似ていなくもない。

私は堺雅人のファンではない、山南敬介のファンなんだ、と。
何しろついでに明里のファンにもなってしまったんですから。
鈴木砂羽という女優を初めて知りました。

そして、私家版「山南敬介」を創ろうとも思いましたね、
大河ドラマを山南敬介を主人公に編集し直すんです(笑)

posted by 風游 at 23:25| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

再開?!

風游サイトの再開はまだだが、
取り急ぎ、このブログは再開!
posted by 風游 at 23:04| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

日記は苦手だ!

毎年のことだが「正月」といったって
何の変わりはあるじゃなし……

さて、今年は「亥年」……だからどうした、
人の迷惑顧みず、偏屈に磨きをかけて。

老兵は死ぬまで去らず、というところか。
posted by 風游 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

再スタート!

仲々スタート出来ません。
まあ、ぼちぼちでっか。

ということで……(笑)
posted by 風游 at 21:14| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。